書き出しと結論を意識して記事を書く

公開日:2014年4月14日
 最終更新日:2014年4月14日

書き出しと結論はどちらも重要です。書き出しは記事の中でユーザーが最初に目を向けるところです。その記事を読んでもらうためには書き出しでユーザーを引きつける必要があります。

結論は記事をまとめる部分です。しっかりまとめないとユーザーに言いたいことが伝わらず締りのない記事になってしまいます。このページは書き出しと結論で意識すべきことを紹介します。

書き出しを書く

何について書いている記事なのか、その記事でユーザーにどんなメリットを与えられるのかを書きます。

書き出しを読んでユーザーはそのまま記事を読み進めるのか、それとも求める情報がないと判断して別のページに移動するかを判断します。ユーザーの興味を引く書き出しを書くことを意識しましょう。

ユーザーの興味を引く書き出しのテクニックには次のようなものがあります。

反語や疑問形で語りかける

反語や疑問形で語りかけると多くのユーザーは興味を引かれます。

  • 反語で語りかける場合の例
    意志が弱いからダイエットなんて無理です?とんでもない!そんな人でもダイエットできる商品があるんです!
  • 疑問形で語りかける場合の例
    リバウンドすること無く痩せる方法をご存知ですか?

結論を冒頭に持ってくる

最後にまとめとして書くから結論なんですが、冒頭に持ってくるのも効果的なテクニックです。

結論「この商品を使えば3ヶ月で8kg痩せることができます。」

そして、結論以下になぜ3ヶ月8kg痩せることができるのか理由を書いていきます。こういった構成だと結論に興味をもったユーザーは、何故そうなるのかを知りたいので記事を読み進めます。

結論を書く

その記事で言いたいことをまとめるのが結論です。まとまっていないとユーザーはその記事で何を言いたかったのか理解できずがっかりしてしまいます。リピーターを失うことにもつながるので注意しましょう。

アフィリエイトに関する記事を書く場合、結論は商品を紹介するのに適した場所です。違和感なく商品紹介を行うことでユーザーの興味を引くことができます。

文章の流れを無視して無理やり商品紹介を行なうと、商品に興味を持たれないどころか記事自体の品質を下げることになります。無理の無い形で商品紹介につなげるように意識しましょう。

賢威はサポートが充実しているので初心者にうってつけのテンプレートです。
当サイトも賢威を利用しています。賢威のレビューはこちら