一般ユーザーは広告を気にしない

公開日:2014年4月21日
 最終更新日:2014年4月21日

ユーザーが求めるものを提供してこそアフィリエイトは成り立ちますので、ユーザーが物事をどのようにとらえているのかを知ることは重要です。それが理解できないとユーザーのニーズに答えていないアフィリエイトサイトが出来上がってしまい、さっぱり成果が上がらないでしょう。

こうした感覚はアフィリエイトに取り組んでいるうちにずれてくることもあります。例えば、ネットサーフィンしていると他のサイトのアフィリエイトリンクが気になってクリックしないように気をつけるようになっていませんか?そして、ユーザーにもそのような傾向があると考えていませんか?

しかし、一般的なユーザーはそのようなことを意識しません。たしかにIT関係のサイトなどWeb関係者に比率が多い場合はそういった傾向は高いですが、一般人向けの趣味サイトや健康サイトなどの場合は関係ありません。

検索結果一覧の一番上に表示される広告も広告と認識しない、広告でも構わないと考えてクリックする人もたくさんいます。これは情報を探しているアフィリエイターがまず行わない行動です。

広告をクリックしてもらうには

広告がクリックされない原因の1つに広告が目に入らないというのがあります。下の記事ではいろんなサイトの広告配置を調べています。調べるまではそれぞれのサイトにこんなに広告が設置していることに気が付きませんでした。

人気ブログがどんな広告を設置しているか調べてみた

ユーザーにクリックしてもらうには、記事の終りの目が止まる位置にユーザーの悩みを解決できそうな形で広告を配置すると良いです。そうすればアフィリエイトリンクであることなど考えずにクリックしてくれます。

賢威はサポートが充実しているので初心者にうってつけのテンプレートです。
当サイトも賢威を利用しています。賢威のレビューはこちら