言葉の引き出しが増えるアフィリエイター必携の一冊 – バカ売れキーワード1000

公開日:2014年7月2日
 最終更新日:2014年8月20日

「キーワード」と言っても稼げるキーワードやライバル不在のキーワードを見つける本ではありません。ユーザーを引きつけるキャッチコピーが分かる本です。

本書は、「特長」、「気づき」、「強調」などのカテゴリに分かれており、そのカテゴリに分類されるキャッチコピーを1000個、ただひたすら紹介しています。

例えば、「特長」から1つ抜き出してみると、

063 ○○の技が冴える
効果的な使い方:「優れた技術をもっている」という意味で使用する。「その技が冴えている」という意味を加えることで、その価値をさらに高める。

例 熟練の技が冴える中国宮廷料理の数々
名工の技が冴える和の空間。繊細な技が実感できる○○
匠の技が冴える繊細な筆づかい、印象を左右する○○

類義語 技ありの○○、○○を知り尽くした、プロ顔負けの○○

というように、キャッチコピーと意味、使用例、類義語がワンセットなって紹介されています。これが最初から最後まで1000個です。類義語を合わせると4000個もあります。

本書がなんの役に立つのか?

本書が役立つのは、

  • タイトル
  • 結びの言葉

でしょうか。

タイトルの場合は、今作っているページがユーザーにどんなことを訴えたいのかをイメージしつつ、キャッチコピーを眺めていきます。安さをアピールするなら「お得感」のカテゴリをひと通り眺めて合うものを見つければいいのです。

自分の引き出しが少ないせいでワンパターンになりがちなタイトルつけも本書があればとても多彩で効果的なものを作れるようになります。

結びの言葉の場合は、例をそのまま使う当てはめることでキレイに文章を終わらせることができます。

自分の頭のなかでモヤモヤと考えるのではなく本を眺めればピンとくるものが見つかるのでとても楽ちんです。

最終ページにまとめられているキーワード一覧もなにげに便利です。1000個のキーワードを数ページにまとめています。そこで自分が行いたい訴求に合うキーワードを見つけて本書の具体例を参照するという流れでキーワード発掘作業を行なうと効率的です。

賢威はサポートが充実しているので初心者にうってつけのテンプレートです。
当サイトも賢威を利用しています。賢威のレビューはこちら