アフィリエイトは信頼が大事

公開日:2014年11月12日
 最終更新日:2014年11月12日

商品を紹介するページだけではなく、商品とは関係ないがユーザーが商品に関連して知っておくと良いページ(情報ページ)をサイトに追加しておきましょう。

そうすると「このサイトは役に立つ」、「詳しいから信頼できそう」とユーザーのサイトに対する信頼度が上がります。

ユーザーがあることに興味をもった時、そのことに関する情報をできるだけ集めようとします。

ユーザーが洗顔料をネットで購入しよう考えているのなら効果的な洗顔方法や洗顔後のケアなどにも興味を持ちます。サイトにこういった情報をのせるページを用意しておくと「なかなか便利なサイトだな」とサイトに対する好感度や信頼度が上がります。

サイトを信頼するようになったユーザーは何度かサイトを訪問するようになり、そのうち商品を購入する可能性も高まります。

情報ページをたくさん用意する

情報ページを多く用意するとロングテールSEOに発展します。ロングテールSEOとは、サイトテーマに関連する情報ページをたくさん用意して、様々なキーワードでユーザーをサイトに流入させる手法です。

検索結果からそれぞれの情報ページにアクセスしたユーザーはサイト内を回遊してその一部は商品を購入してくれるでしょう。

ロングテールSEO–ビッグキーワードに頼らない方法

賢威はサポートが充実しているので初心者にうってつけのテンプレートです。
当サイトも賢威を利用しています。賢威のレビューはこちら