ロングテールSEOは初心者でもできるSEO

公開日:2013年6月23日
 最終更新日:2013年12月23日

ロングテールSEOとは、ロングテール理論を利用したSEOのことです。記事やキーワードの量を増やすことで、検索に引っかかりやすくなり、ウェブサイト全体のアクセス数を増やすことができると考えるSEOです。

特にSEOを意識する必要はなく、とにかく文章を書いていけばロングテールSEOとなり、アクセス増加につながります。

ロングテールSEOのポイント

ロングテールSEOを実施する時に、次のポイントを意識しながら行うとさらに効果を発揮するでしょう。

  • 記事の量(サイトボリューム)と文章の量(テキスト量)を増やす
  • オリジナリティのある記事を書く
  • 関連キーワード(共起語)が十分にある専門的な記事を書く

1つのテーマを深く掘り下げたアフィリエイトサイトを作ると、これらを満足するロングテールSEOにつながります。

ただ、1つのテーマを掘り下げるのは大変な作業です。初心者の場合は、記事作成の他にもウェブサイトの構築など慣れない作業がたくさんあります。そこにコンテンツ作成のための勉強が加わると、さらに大変になります。

アフィリエイト初心者の場合は、自分の得意分野でのロングテールSEOのアフィリエイトサイト作成をオススメします。この場合、その分野についてすでに詳しいので勉強量が少なくて済み、負担が減ります。

さらに強化する

むやみやたらにサイトボリューム、テキストボリュームを増やしただけでは、収益につながりません。収益を意識した対応が必要です。

いろんなキーワードでアクセスを呼び込むのがロングテールSEOですが、自分のウェブサイトのテーマと関係ないキーワードでのアクセスは、収益に繋がる可能性が低いのでそれほど重要ではありません。

ウェブマスターツールを使えば、自分のウェブサイトにどんなキーワードでアクセスがあるがある程度分かります。収益につながるターゲットキーワードを調査して、そのキーワードに対応したウェブページを用意しましょう。

ロングテールSEO–ビッグキーワードに頼らない方法

賢威はサポートが充実しているので初心者にうってつけのテンプレートです。
当サイトも賢威を利用しています。賢威のレビューはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ